IKARI イカリ消毒株式会社 RECRUIT 2021

ENTRY

INTERVIEW

社員紹介

新卒・検査分析職 / 微生物検査グループ

微生物検査グループの構成を教えてください

微生物検査グループは35名で構成されています。男女比は女性が多く、女性が活躍できる部署かなと思います。実施している検査内容としてはクレーム品の検査や製品中に食中毒菌や微生物の問題がないか製品検査をおこなったり、保存検査(賞味期限の設定)業務を行ったりしています。微生物検査グループは厚生労働大臣の認可を受けた登録検査機関として、お客様に安心してご依頼いただけるよう日々努力しています。

休日は何をしていますか?

旦那との共通の趣味があるのでドライブや旅行もすきなので温泉に入りに行ったりしています。最近のお気に入りの温泉は草津温泉ですね。

現在のあなたの仕事について教えてください

入社した当初は商品開発部で2年間仕事をしていました。そこで薬剤チームに配属となり、取り扱っている薬剤が菌に対し効果があるのかを試験をしていました。データを集積し販売する為の資料作成する仕事をしていました。その中で微生物に対する手技を学びましたね。3年目からは微生物検査グループに異動となり、カビや細菌の同定検査を中心にクレーム品の原因究明に携わってきました。

あなたの仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

私が担当した検査が、お客様の現場対策に役立つ材料の一つになることにやりがいを感じています。もちろん検査結果だけで改善に向けて取り組めるわけではないですが、その一端を担っていることに対し責任感を持ちながら仕事を進めています。

当社を志望した動機や入社を決めた理由は何ですか?

イカリ消毒に私が入社を決めた理由は2つあります。
まず1つ目に大学の先輩が就職をしていたことがあります。大学の教授もイカリ消毒のことを知っていたので色々と教えていただきましたし、先輩がいることで安心感がありました。
2つ目は微生物検査を行っていることでした。
学生時代は食品の栄養学を専攻し、微生物に関わる研究をしていましたので将来的には微生物にかかわる検査の仕事がしてみたいと思うようになり、就職活動を開始したときには食品メーカーの品質管理を中心に面接を受けていました。就職活動を進めるなかで、イカリ消毒の環境コンサルティング業務のなかでの微生物検査に惹かれるようになりました。検査だけではなく、ワンストップサービスでお客さまの衛生コンサルティングが出来るイカリ消毒に魅力を感じ入社を決めました。

入社してみてどう感じた?ギャップはなかったか?

検査は部屋に閉じこもって個人個人で黙々と作業するのかと思っていましたが、実際検査をしてみると、人と関わりながら仕事することが多いなと思いました。お客さまだったり、営業所の担当者の方であったり、直接お会いはしませんが、電話でのやり取りが多くあります。必ず検査を進めるうえで連絡は重要になりますし、相談対応もしますので、人との関わりが深くあるというのは入った時に驚いた点でした。検査は研究とは別物になりますので、社内外のひととコミュニケーションをとりながら進めていくことが出来る人は検査に向いているのではないかと思っています。

仕事をするにあたって心掛けていることは何ですか?

丁寧な検査・対応を行うことを心掛けていますね。人との関わり合いが重要になってきますので言葉遣いや行動や文章等で丁寧な対応を心掛けて仕事に取り組んでいます。

当面の目標は?

検査に関することや人との関わり方をここで勉強させていただきましたので、これから入社される方に対しても自分が教えてもらったことや自分の知識を伝えていくことを当面の目標としています。

学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

好奇心を持ち、様々なことに興味をもって積極的に取り組んでほしいと思います。
いろんな会社を調べたり、実際に見学したり足を運んで、興味をもって幅広い視野で就職活動を進めていただければと思います。
私も大学時代は北海道に住んでおり、地元は石川県でしたので長距離移動や金銭面でもつらい思いをしたこともありましたが、好奇心をもって取り組んだ結果、今のお仕事に就けています。皆さんも好奇心をもって就職活動に取り組んでいただければと思います。
当社も若手がどんどん増えて力を発揮していますので、これからもっともっと盛り上げていけたらと思いますので、みなさん期待してもらえればと思います。

keyboard_arrow_up